不動産名義変更には様々な知識が必要

不動産名義変更には様々な知識が必要 2013年4月1日 @ 14:19 編集

不動産名義変更をするためには、各種の知識が必要となります。

たとえば、土地と建物を購入した後の不動産名義変更のシーンを考えてみましょう。

売買をした場合には、不動産の所有権は売主から買主へと移転します。

しかし、いつの段階で権利は移行するのでしょうか?

お金を払ったとき?契約書を交わしたとき?実際に住み始めたとき?

このようなルールについては、契約書に書かれていない場合には民法という法律を参照しなければなりません。

また、実際の名義変更手続きを進めていく際には、不動産登記法という法律を読み込んで手続を調べなければなりません。

もしも不動産を転売した場合などには、所得税などの問題も生じてきます。

税金に関する知識も必要となるということがわかるはずです。

このように、一つの手続とはいっても様々な知識が求められるわけです。

到底こんなこと調べきれない!そう思うのは当然のことでしょう。

そのような場合のために、各種の専門家がいるのです。

手続を代行してもらいたい場合には、とりあえず登記手続きの専門家、司法書士に相談をしてみてはいかがでしょうか?

ネットや電話などで相談をすることもできるようになっているので、非常に便利ですよ。

  • Posted on 1. 4月 2013
  • Written by admin
コメントは受け付けていません。

Comments are closed.