不動産名義変更の仕組みを理解するためには、民法の知識を学ばなければなりません。

手続をするだけなのに、民法っていう基礎的な法律も勉強しなければならないの?

このように考える方もいるかもしれませんが、不動産の権利移転については民法が定めているのです。

たとえば相続をして不動産名義変更を検討している際。

本当に自分に権利が移転してきているのかを確認しなければなりません。

仮に自分のものでないものを売ってしまったら大変なことになってしまいかねませんので。

その他、売買や贈与をした場合などについても、権利移転については民法が定めています。

名義変更とは少し違いますが、抵当権の設定登記をする際前提となる、抵当権のシステムについても民法典に定められているわけです。

ただ、この法典は非常に膨大で素人が理解するのには向いていません。

不動産名義変更手続きセンターに不動産名義変更の相談をして、司法書士の力を借りると良いでしょう。

  • Posted on 14. 4月 2013
  • Written by admin
  • Categories: 仕組み
コメントは受け付けていません。

Comments are closed.