不動産名義変更をする際には、不動産登記法という法律に書いてある手続をしなければなりません。

事細かに規定してある丁寧な法律なのですが、実際にどのように手続きを進めていいのかということを理解するまでには、かなりの学習をしなければなりません。

到底素人では理解することができないでしょう。

ですから不動産名義変更をする際には、通常六法などで勉強するのではなく、法務局に相談しに行くこととなります。

できるだけ市民にも分かりやすいように説明書類を準備していたりするのですが、それでも分かりづらいことには変わりありません。

前提として民法の知識も要求されているからです。

このような知識をゼロから仕入れようとすると非常に大変。

そこで、不動産登記の専門家、司法書士の出番です。

各地に事務所があるはずですので、電話などで問い合わせて代行を依頼してみては?

  • Posted on 24. 4月 2013
  • Written by admin
  • Categories: 仕組み
コメントは受け付けていません。

Comments are closed.