権利やお金が移転した場合、ほぼ確実に税金の問題が発生します。

税金の徴収は国にとっては大きな役割。

取らなければ財源がなくなってしまうのですから、国税局などは必死に調査をしています。

さて、不動産名義変更の場面でも税金の問題は浮上してきます。

不動産名義変更の際に不動産を譲渡した場合、贈与税などが問題となるでしょう。

相続して取得した場合にも、相続税の問題が出てきます。

不動産を売ってお金を得た場合には、所得税として確定申告を行わねばなりません。

通常は確定申告とは無縁なサラリーマンであっても、自分で手続を進めていかねばなりません。

そもそもどういった場合にどのような税金が必要となるのか分からない場合もあるでしょう。

そういった際には、税務署に問い合わせるか、税理士などに相談するといいでしょう。

司法書士が税理士への取次ぎをしてくれることもあります。

  • Posted on 3. 5月 2013
  • Written by admin
  • Categories: 税金知識
コメントは受け付けていません。

Comments are closed.